Laravel

Laravelでログを標準出力させる方法【簡単です】

Laravelでログを標準出力させる方法【簡単です】

Laravelでは、ログ出力の方法を簡単に設定することができます。

今回は、ログを標準出力させる方法をご紹介します。

Laravelでログを標準出力させる方法

Laravelでログの出力方法を追加・変更するには、以下の2ステップが必要です。

  1. config/logging.phpに設定を追記する
  2. .envの設定値を変える

 

config/logging.phpに設定を追記する

まずは、logging.php(Laravelのログ設定ファイル)に標準出力(stdout)用の設定を追記します。

以下の設定をlogging.phpのchannelsの中に追加して下さい。

'stdout' => [
    'driver' => 'monolog',
    'handler' => StreamHandler::class,
    'with' => [
        'stream' => 'php://stdout',
    ],
],

 

ポイントは、streamの設定です。

ストリームとは、PHPで入出力を扱う機能のことで、このストリームにstdoutを指定することで、ログを標準出力させることができます。

 

logging.phpの設定は以上です。

 

.envの設定値を変える

次にすべきことは、使用するログチャンネルの切り替えです。

デフォルトのログチャンネルは、logging.phpの中で以下のように指定されています。

'default' => env('LOG_CHANNEL', 'stack'),

デフォルトではstackチャンネルがログ出力に使用されますね。

 

これを標準出力に変えるには、.env(.env.testing)に以下の設定を追記する必要があります。

LOG_CHANNEL=stdout

 

以上で、Laravelのログ出力方法を標準出力に切り替えるための設定はおわりです。

 

ログを標準出力できているか確認

最後に、本当にログが標準出力できているか確認しましょう。

適当なテストの中に以下の記述を追加します。

Log::info("ログが標準出力されましたよ!");

 

テストを実行すると、、

Laravelでログを標準出力させることに成功

 

ログを標準出力させることができました。

 

おわりに

今回は、Laravelでログを標準出力させる方法を解説しました。

少しでも参考になっていたら幸いです。

 

参考記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA