その他

暗号化とハッシュ化の違いを簡潔に説明します

暗号化とハッシュ化の違いを簡潔に説明します

この記事では、「暗号化とハッシュ化の違い」を簡潔に説明します。

少しでも参考になれば幸いです。

 

暗号化とハッシュ化の違いを簡潔に説明

暗号化とハッシュ化の違いはズバリこちら。

暗号化したデータは復号できるが、ハッシュ化したデータは復号できない

 

基本的にはこれだけ。

 

暗号化は、主に第三者に盗み見られたくないデータの通信に用いられます。

ハッシュ化は、データベースにパスワードを保存する場合に用いられることが多いです。

 

具体的にPHPで暗号化およびハッシュ化の例を見てみましょう。

まずは暗号化からです。今回はopensslを用いました。

 

このように、暗号化の場合は単に暗号化するだけでなく、元の値に復号することが可能です。

 

次に、ハッシュ化です。

PHPのhash関数を用いてハッシュ化を行いました。用いたハッシュアルゴリズムはsha256です。

ランダムな文字列が生成できています。

このように、ハッシュ化によって生成された値のことをハッシュ値」「メッセージダイジェスト」「要約値などと呼びます。

 

暗号化とハッシュ化の違いまとめ

暗号化とハッシュ化の一番の違いは「復号できるかできないか」です。

暗号化は復号できて、ハッシュ化は復号ができません。

 

恥ずかしい思いをするので、ハッシュ値を復号します!!とかは言わないようにしましょう。

 

参考記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA