Git

Gitでalias(エイリアス)を設定する方法をサクッと解説

Gitでalias(エイリアス)を設定する方法をサクッと解説

今回はGitコマンドのalias(エイリアス)を設定する方法を解説します。

少しでも作業効率の向上に役立てば幸いです。

環境情報
  • MacOS
  • Git:2.30.0

Gitでalias(エイリアス)を設定する方法

特定のユーザーに対してGitのalias(エイリアス)を設定するには、ホームディレクトリ配下にある.gitconfigに設定を加えます。

vim ~/.gitconfigか以下のコマンドを打って、Vimで.gitconfigを開いて下さい。

git config --global --edit

 

ファイルを開いたら、以下のようにalias(エイリアス)設定を記述します。

aliasのスペル等が間違っていたらきちんと設定が反映されないので注意しましょう。

Gitコマンドのalias(エイリアス)設定を記述
[alias]
st = status
co = checkout
br = branch
sw = switch

 

 

以上で設定は終了です。

 

alias(エイリアス)が適切に設定されているかを確認するには、実際にコマンドを打ってみても良いですが、以下のコマンドで確認することもできます。

git config -l | grep alias

 

以下のように表示されていたらOKです。

Gitのalias(エイリアス)設定を確認

 

今回は以上となります。

少しでも参考になっていれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA